ボールペン消失事件


先日のこと、とある事件が発生しました。
それは、筆者が大事にしているボールペンが行方不明になったという衝撃的事件。
 
そのボールペンは、書き味滑らか、握り心地も良。替え芯を入れ替えたばかりの上、
筆者が手作りした世界で一つのボールペンなのでした。
とても気に入っており、そればかり使うほどの贔屓ぶり。
そんな大事なボールペンがある日、ペン立てから消えたのである!!
 
半狂乱になって会社中のペン立てというペン立てを探し回るが見つからず・・
一体いつなくなったのか?最後に使ったのはいつなのか??考えてみるも要領を得ず、聞き込みを開始。
すると重要な証言をいくつか入手したのである。
 
証言その⓵
「営業のIさんは自前のボールペンを持っておらず、色んな場所のペン立てからボールペンを拝借している」
 
証言その⓶
「工務のUさんはよく筆者のデスクに座り、イタズラをしている」
 
どうやらこの2人が怪しい!
 
そこで筆者はこのIさん・Uさんを直撃!!
 
 
「わたしのボールペン知りませんか?」
単刀直入に聞いてみた。すると・・・・
 
「知らん。」
2人とも、残念な答え。
 
なんと、2人は犯人ではない?!
疑いつつも、Iさんに至っては「自宅を探してみたけど、やっぱりなかったよ」とのこと。
自宅まで探してくれたなんて・・なんていい人。(涙)疑ってごめんなさい。
 
 
しかしそれでは一体ボールペンはどこに消えたのか?
一体いつ、誰がペン立てから持ち出したのか??
手がかりもないまま、時間だけがいたずらに流れ・・・
 
 
 
そんなある日。ボールペンが行方不明になってから約1週間後のある朝。
筆者が出勤するとペン立てのあのボールペンが!!!
 
なんと事務員さんが見つけてくれたとのこと!
一体どこにあったのか?!聞いてみると、なんと!
 
「切手台帳に挟まってたよ」
 
・・・ああ。そういえば先週切手台帳を使ったような・・・
 
 
Iさん、Uさん、ゴメンナサイ。
犯人はわたしでした。
 
 
お騒がせして申し訳ございませんでした!!!